リボーン・京都とは

リボーン・京都とは

日本全国から寄贈された着物地を活用し、主に洋裁の技術指導を通じて途上国の女性の精神的経済的自立を支援しています。

私たちのミッション(使命)

1.女性のエンパワーメント

精神的経済的自立を通じた女性の地位向上、エンパワーメント。

2.洋裁を通じた国際協力

洋裁は誰でも習得可能な技術です。どのような環境でも生きていけるサステイナブルな洋裁技術で、国際協力に貢献します。

3.ともに笑顔を目指して

人生を切り拓いていくのは自分自身です。主体性を育みながらいっしょに笑顔を目指します。

主な活動内容

1.(主に途上国における)洋裁・織物の技術指導

日本人洋裁専門家による現地技術指導を実施しています。

2.作品や商品の販売

訓練生や卒業生の制作品は、市場での成果発信のため、リボーン・京都販売店三田村や各国のチャリティーバザーで販売しています。

リボーン・京都の仕組み

組織概要

組織名 特定非営利活動法人 リボーン・京都
設立 1979年12月
所在地 京都市中京区六角通新町西入西六角町101番地
事業内容 途上国における開発援助、国際協力
目的 途上国の生活困窮者に対して洋裁等の職業訓練を行い、経済的自立の促進を図り、貧困の撲滅と平和構築に寄与する。
役員構成 理事長 小玉 昌代
理事 中島 茂代 (洋裁指導責任者)
理事 小野 了代 (社団法人日本国際民間協力会)
理事 都留 良子
理事 渋谷 みち子
理事 白井 幸則
理事 奥谷 充代
監事 山元 直貴 (公認会計士)

Facebook

最近の投稿

月別アーカイブ